理想の身体を手に入れよう!頑張るあなたをサポートします。

スレンダーノート

健康 美容

寝る前に食事をしてはいけない理由は?我慢できない夜中の空腹対処法3選!

更新日:

食べちゃいけないと言われる時間に限ってお腹って空きますよね。

一般的に、夜食べたら太ると言われていますが、デメリットはそれだけなのでしょうか。

そもそも、何故睡眠前に食事をとってはいけないのでしょうか?

今回は、その理由と夜中の空腹の対処法についてご紹介いたします。

 

 

寝る前に食べるデメリットとは?

就寝前に食事をとると、消化のため胃腸が活発に働き、寝つきが悪くなります。

身体が熟睡しないと、肌細胞を生成するために必要な成長ホルモンが分泌されません。

つまり、食事後すぐに寝ると、胃腸が働いた状態で寝ることになるので、成長ホルモンが分泌されず新しい肌を作ることが出来ないことになります。

逆に、睡眠状態に入ると血液が抑制され胃腸がほとんど働かなくなります。

胃の中に食べ物が残ったまま寝てしまうと、食べ物が消化しきれないまま腸に送られることになります。

未消化状態の食べ物では、腸は上手く栄養を吸収できません。

結果、胃腸に大きな負担がかかります。

食べてすぐに寝るという行為は、美容・健康ともに良くないことなのです。

 

寝る何時間前までに食事を済ませればいいの?

食べたものを消化してから寝ることが、質の良い睡眠に繋がります。

ですので、就寝3~4時間前に食事を済ますことが重要です。

「夜9時を過ぎたら食事をしない方がいい」とよく聞きますが、この言葉の意味は「食べ物を消化してから睡眠しましょう」ということになります。

 

我慢できない夜中の空腹対処法3選!

①歯を磨く

ミントの香りには食欲を抑制する効果があります。

薬用のマウスウォッシュ(デンタルリンス)も効果的です。

「歯を磨いてから食事をしたら、または磨きをしなければいけない」と思うことも空腹を我慢することに繋がります。

 

②軽い運動やストレッチをする

運動をすることにより副腎からアドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。

これらのホルモンが分泌されると、脂肪を分解して脂肪酸に変えてエネルギーを作ります。

この時血糖値が上昇し、脳が体内に十分な栄養素があると判断しますので、空腹を感じなくなります。

 

③温かいほうじ茶を飲む

温かい飲み物には身体だけではなく、心を落ち着かせる効果があります。

お茶に含まれる旨味成分のテアニンは、ストレスの緩和やリラックス作用があり、睡眠の質改善の効果もあります。

また、ほうじ茶はカフェインの含有量が少なめですので、就寝前でも安心して飲むことが出来ます。

 

まとめ

夕食に、満腹感・満足感を得る食事をとることが大切です。

どうしても空腹を我慢できず何かを口にする場合は、出来るだけ胃に優しく消化に良いものを食べましょう。

ゆっくりよく噛んで食べると満腹感を得ることが出来ますよ。

空腹でストレスを溜めすぎないように、たまには早く寝るのもいいかもしれません。

 

-健康, 美容

Copyright© スレンダーノート , 2018 All Rights Reserved.